日曜日, 2月 20, 2011

2010年のアプリケーションとOSVulnerabilityランキング情報

本件のレポートはアメリカ政府の「National Vulnerability DataBase」のデータ基づいて、「OS」対「ソフト」の形で、レポートを作りました。

75%のVulnerabilityの割合はソフトウェアです、18%はオペレーティングシステム(OS)と7%はハードウェアやデバイス(アプライアンス/ルーター/UTM/スイッチなど)詰りCiscoですね。

下記は2010年のOS用のVulnerability情報↓

※MicrosoftのOSは一番上ですね、次はLinux、 Apple(Mac OS X)とCisco IOSです。

下記はソフトウェア/アプリケーション用のvulnerability情報↓

※これを見たらセキュリティパッチはMicrosoftソフトウェアだけでやるとやっぱり足りなくて恐らくはブラウザー、AdobeとJava Runtime Environmentのアップデートが必要です。

ソース:株式会社ケイエルジェイテック(Linux/UNIX Vulnerability情報)、GFI社National Vulnerability DB(US)

---
ゼロデイ・ジャパン
http://0day.jp
Security/Vulnerability Monitor Center
Compiled/Commented by: アドリアン・ヘンドリック

0 件のコメント:

コメントを投稿