火曜日, 5月 04, 2010

「Koobface警告」、Skype,TwitterとFacebookのワーム

本日SkypeセキュリティでKoobfaceワーム警告が出ました。
KoobfaceワームはSNS仕組みの上で動いているワームです。現在TwitterとSkypeとFacebookシステムには沢山発見しました。
目的はユーザのアカウント情報を取って取れたアカウント情報へURLやスクリプトあり迷惑メッセージを送って、もしターゲットユーザーがメッセージをアクセス(クリック)してしまいますと感染されて また同じ段取りで切替します。

Koobfaceワームのコントロール・センター(CC)があり形はボットネットサーバです。このCCからボット管理者はKoobfaceワームのディストリビューションをモニターする事は出来ます。

ウイルス対策ソフトを使っている方々はもし「Bredolab」又は「Piptea」又は「Koobface」のウイルス名が発見されたら必ず削除手続きを下さい。
纏めて下記Koobfaceの仕組みです↓

Koobfaceのもっと詳しい情報はインターネットに沢山あり「Koobface」の単語を検索して下さい。

下記はSkypeセキュリティの警告情報です↓
http://blogs.skype.com/security/2009/11/koobface_worm.html
---
株式会社ケイエルジェイテック
http://www.kljtech.com
ウイルスモニターセンター

0 件のコメント:

コメントを投稿