木曜日, 5月 13, 2010

Cold FushionとShockwave Playerパッチリリース

昨日Adobe社はセキュリティパッチをリリースしました。2件のソフトのバグフィックスがあり、WindowsとMacOSセキュリティに影響があると。以下詳細説明となります。

(1)Adobe Shockwave Player
前回バージョンの8件クリティカルセキュリティ問題があります。Adobe Shockwave Playerバージョン11.5.7.609でバグフィックスが出来ました。前回ソフトの中に殆どzerodayセキュリティ・バグがあり早めにアップグレードが必要です。
リファレンスは下記となります↓
http://www.adobe.com/support/security/bulletins/apsb10-12.html

(2)Adobe Cold Fushion
バージョン8.0、8.0.1と9.0の「important」セキュリティバグがあり、下記のurlのパッチ提供の手順をおすすめされております。
http://kb2.adobe.com/cps/841/cpsid_84102.html
前回バージョンのセキュリティ問題はzerodayではありませんとAdobe社が判断されてます。
リファレンスは下記のurlとなります↓
http://www.adobe.com/support/security/bulletins/apsb10-11.html

---
株式会社ケイエルジェイテック
http://www.kljtech.com
セキュリティモニターセンター

0 件のコメント:

コメントを投稿