水曜日, 12月 09, 2009

MacとLinux版のGoogle Chromeブラウザーをリリース!


40分前Google Inc.はMacとLinux版のGoogle Chromeブラウザーをリリースしました。
今年10月のCTO発表でやっと製品になります。
googleよりからの製品のメリット点と技術者コメントは下記となります↓
1)スピード的には速い、Apple Safariと同スピード希望(確かに常識で…ただ、重くなると嫌ですね)
2)ダウンロードバー(これはセキュリティー的にはどうかな…)
3)沢山タブ対応(計算しないとね。。)
4)crashのセッションはそれぞれのタブのワークスペースになり ブラウザーはcrashしないように希望(色んなLinuxdistroでためしてみないと分らないけど。。)
5)Webkit Browser for Linuxで作ったので、library的にはオリジナル、それでGoogleOSの物が周りに入れました(よく分らないけどこれから見てみます…)
6)Webkit Browserで作ったからOSライブラリーを少なく使うので、セキュリティーと安定さが強い(なるほど)
7)履歴無しの設定が出来ます(よろこんで!)
8)URLバーとサーチバーは一緒になります(楽ですね)
詳しいリリース情報はこちら、そこでデメリットもちゃんと沢山書いてます。

では、これから見てみますので、また追加情報を報告します。
----
株式会社ケイエルジェイテック
http://www.kljtech.com
セキュリティーモニターセンター

0 件のコメント:

コメントを投稿