火曜日, 9月 04, 2007

「本当に大丈夫かな?」マルウェア対策につき、ウイルスやスパイウエア対策ソフトな任すと大丈夫かな?

「US SANS Internet Storm Center; Internet Security」からの情報です。

マルウェア対策のベース技術は殆どはパターンマッチング、及びブロックリストのフィルターです。
「新しいウイルスの登録マネジメント仕組み」と「ウイルス登録早さの手続き」でけは足りなくなります。

色んな「ご検知」、「もう登録されてない…」、「手際ファイル更新サーバのトラブル」の問題が沢山出てきまして、増えます。

別のフィルター方法を今更に非常に必要で、例えば「Heuristic対策」、但し残念ながらご検知可能性が未だ多いです。

どうしたらいいのか、新しい対策仕組みは考えべき、例えば、OSメーカーはちゃんと責任を取って、ソフト及びファイルをインストール又はコピー瞬間にwhitelistでファイルフィルター仕組みがあれば?


下記 詳しい説明です。

http://isc.sans.org/diary.html?storyid=3348&rss

0 件のコメント:

コメントを投稿