日曜日, 6月 10, 2007

スパム対策ニュース→ POPメールスキャン機能にスパムメール隔離機能!


あなたの使いたいスパムフィルターを何処に導入したほうがいいでしょうか?

80%SMTPでスパムフィルタリング技術を入れます。SMTPにスパム対策を入れると、色々導入し方があり→1)MTAのみでスパムフィルターを入れます(メールqueueをスキャン、か、TCPでスキャン)、2)SMTPプロキシでスパム対策を入れます・・これってMTAの前にTCPでスパム対策フィルターを入れる方法です。1)ですとソフト組込み仕組みが多いです、2)ですと殆んどアプライアンスが多いです。3)MTA及びspoolサーバの前にメールfilter layerを入れます(例えば:MimeSweeper, MXTreme,その他)。

SMTPでスパム対策技術はもう一般常識になりました。色んなSMTPで入れたフィルター機能(RBLチェック、隔離機能、White/Black/Grey Listフィルター、その他)

但し、メールプロトコルがSMTPだけではないです。問題は、もしSMTPでスパムフィルターを入れられないとどうする?このソリューションも考えべきだと思います。IMAPやPOPでスパムフィルターが欲しいの方が多くなりました。

最近色んなクライアント・セキュリティーソフト製品はスパム対策機能が持っています。これは十分ではないかと言う考え方でクライアントで色んなプロトコルに対応が出来るようなスパムフィルターを色んなセキュリティーベンダーが作りました。
実際に色んなケースを見ますと、やはり十分じゃ無いです。色んな問題が出ます:例えば:個人で管理をしなきゃ行けない問題、自分の設定が間違えたらご検知の問題が出ます。
とう言う事で、メール迷惑対策ソフトは迷惑になります。

ケイエルジェイテックはPOPでスパム対策をやりますと とても面白いだと思います。POPで全てSMTP技術スパムフィルターをPOPに入れました、とても素晴らしい考え方だと思います。
→RBLベース、White/Black/Greyリストフィルター、ユーザー毎に隔離機能迄が出来ました。

詳しいニュースをみたいならばこの下↓に書いたあるURLを読んでお願いします。
リンクはこちら

それで、IMAPと他のメールプロトコルはどうします?
K-PROX(TM)の製品ロードマップに開発予定になりす。少しお待ちして下さいませ。

0 件のコメント:

コメントを投稿